ヘアパック選びのポイント

スペシャルケアにおすすめ!

髪の毛の痛みが特に気になるという場合には、トリートメント以外にヘアパックを使用すると良いです。
ヘアパックはトリートメントとほぼ同じ役割で、髪の毛の健康を保つために必要になる成分をしっかり髪の毛に浸透させることでダメージから回復させるという効果が期待できます。
使用目的はほとんど同じなので、トリートメントとヘアパックは呼び方が違うだけだと考えることもできますが、ヘアパックは成分濃度が濃い商品が多いことから、トリートメントよりも更に高い効果を期待したい時におすすめできます。

トリートメントについては洗い流さないタイプも存在していますが、ヘアパックに関しては洗い流すタイプが圧倒的に多いです。
商品によっては髪の毛だけでなく頭皮の健康も考えて優しい成分で構成されている場合もありますので、従来製品は頭皮に付着しないように使うべきとされていましたが、頭皮をマッサージするようにして使用するという商品も存在しています。
これらの特徴に着目しながら、ヘアパック選びのポイントを確認しておきましょう。

髪質に応じた選び方

人によって髪質は千差万別なので、最適なヘアパックは異なります。
そこで髪質に応じた選び方を実践することで、不満を感じていた髪質から理想的な髪質へと導くことが期待できるのです。

髪の毛が絡まりやすいという髪質の方は、髪の毛を保護する役割があるキューティクルが不足していることが考えられます。
そこでキューティクルを補修して滑らかな指通りの髪質を目指せるヘアパックを選ぶようにしてください。
配合されている成分としてはセラミドやキトサンがおすすめです。

髪の毛がパサパサしているという方は髪の毛の水分が不足しているためダメージを受けやすい状態になっていると考えられますので、適度な水分量を維持した髪質を目指すようにしてください。
既に痛みが目立つ場合も使い続けるうちにしっとりとした髪質へと変わってくると期待できます。
主な成分としてはアミノ酸が配合されているものを選ぶのがおすすめで、傷んだ部分を補修しながらパサつきがちな髪の毛をいたわってくれます。

くせ毛がひどいとか、すぐに髪の毛が広がってしまうという場合は髪の毛の内部で大きなダメージを受けていて潤いが極端に減っていることが考えられます。
髪の毛の健康状態を取り戻すためにも、アミノオイルが配合されている商品を選ぶことでダメージを補修しながら水分を逃さないようにすることができます。
徐々に硬かった髪の毛に柔らかさが感じられるようになり、まとまりやすい理想的な髪質へと導くことができます。

このように様々なヘアパックが存在していますが、トリートメントと一緒に活用するとダメージ状態を効率良く改善できますので、相性も考えながら選ぶようにしてください。

シャンプー選び

髪の毛と頭皮の健康を考えましょう

美容師はお客様のシャンプーをする機会が多いのでシャンプーの選び方についてはかなり気を使っているという方も多いはずです。
毎日何度もシャンプーを行っていると手荒れがひどくなると実感している方もいるでしょう。
手荒れがするほど刺激が強いシャンプーが、髪の毛や頭皮にとって良いはずがありません。
本当の意味で髪の毛や頭皮の健康を求めるなら、シャンプーの正しい選び方を実践するべきです。

参考:https://vi-ve.jp/4958

成分表示を確認しましょう

シャンプーを選ぶ際には「芸能人が愛用しているから」「テレビCMで見て良さそうに感じたから」「お店でたくさん売られていたから」などの理由で選んでしまってはいけません。
正しい知識を持っている方は、まず成分表示をチェックしています。
成分表示にはシャンプーにどのような原材料が使用されているかを細かく表記しているので、この成分表示を確認するだけでも8割くらいシャンプーの選び方が決まると言っても良いでしょう。

成分表示の中で特に確認していただきたいのが、「硫酸」という文字が記載されている成分が含まれていないかという点です。
例えばラウリル硫酸ナトリウムやラウレス硫酸ナトリウムなどの表示がある場合は、そのシャンプーはお買い物かごに入れずそっと棚に戻しておきましょう。
これらの成分はとても強い洗浄力があり、とても良い泡立ちを実感できるという特徴がありますが、それだけ髪の毛や頭皮に強い刺激を与えてしまうのです。
特にラウリル硫酸ナトリウムは分子がとても小さくて頭皮や髪の毛にも浸透しやすいことから、強い刺激を与えて頭皮トラブルを引き起こしやすくなって髪の毛にもトラブルが増えるという原因になります。

実際に販売されているシャンプーを確認してみると、これらの成分が配合されているものがほとんどであることがわかります。
大量生産が可能で、原価がとても安いことから利益率の高さを追求して消費者の健康は度外視している商品であると判断できるのです。
良い香りを添加したり、キレイな女優さんを起用して宣伝している商品が多く存在していますが、これらの商品は髪の毛や頭皮にとって非常に危険だと言えます。

おすすめのシャンプー

できるだけ頭皮や髪の毛に負担を与えずに優しく汚れを落とせるシャンプーとして注目していただきたいのが、ノンシリコンのアミノ酸系シャンプーです。
洗浄成分がアミノ酸系の成分で構成されているため、成分表示を確認すると最初の方に「ココイルグルタミン」「グリシン」などと表記されています。
また、指通りを良くするためにシリコンが配合されていると毛穴を詰まらせる原因になるので、「ジメチコン」などのシリコンが含まれていないものを選びましょう。
市販のシャンプーと比べると高価な値段に設定されていますが、頭皮や髪の毛の健康を考えると決して高すぎる値段ではありません。

トリートメントの使い方

健康的な髪の毛を維持するために必要

ヘアケアをする際にはシャンプーで髪の毛を洗ってからリンス以外にはコンディショナーまたはトリートメントのいずれかを使っているという方が多いはずです。
元々トリートメントは乾いた髪の毛に使用するという目的で開発されたものですが、最近はリンスと同じような感覚で使用することが多いです。
成分が髪の毛にしっかり浸透するように粘度が高いという特徴もあります。
今回はこれらの特徴をしっかり活かすために効果的なトリートメントの使い方をご紹介します。

参考:http://allabout.co.jp/gm/gc/5499/

トリートメントの目的を理解する

健康的な髪の毛を維持するためには適度な水分と油分を含んでいなければいけません。
シャンプー後は水分と油分が失われやすいため、しっかり補うケアとしてトリートメントが有効とされています。
トリートメントを使用することで丁度良い水分と油分をキープでき、最後の仕上げとしてドライヤーを使用する際にも高温から髪の毛を守る役割も発揮してくれます。
効果的にトリートメントが働くことによって、髪の毛の健康状態が維持されるのです。

様々な商品から最適なものを選ぶ

市販されているトリートメントは様々な種類があるため、どの商品が自分に適しているのかを判断するのは難しいかもしれません。
例えば仕上がりだけで大まかにわけると、しっとりとサラサラという仕上がりがありますが、自分の髪質や頭皮の状態を考えながら最適なものを選ぶようにしなければいけません。
しっとりと仕上がるタイプについては頭皮の脂分が少ない方で髪の毛もパサつきがちな方におすすめで、サラサラに仕上がるタイプは頭皮の脂分が多くてベタつきがちという方にはおすすめできます。

この他にも洗い流すものと洗い流さないという違いがありますが、洗い流さないものは効果が高いと期待できるものの髪の毛の油分が多くなりすぎる可能性があるためあまり頻繁に使用しない方が良いと言われています。
外出する際に長時間紫外線の下にいなければいけない場合などに重宝します。

正しいトリートメントの使い方

洗い流すタイプ、洗い流さないタイプに共通するころですが、頭皮につけないように使用することが基本です。
頭皮に余分な油分を与えてしまう原因になり、頭皮に細菌が繁殖して炎症を引き起こす原因にもなります。
あくまでも髪の毛に油分を与えるというイメージで使うようにしてください。

なお、髪の毛のダメージが大きい時に使用する際には、入浴中にトリートメントを髪の毛になじませてからシャワーキャップをかぶって5分から10分程度そのまま待ってから洗い流すと良いでしょう。
適度な温かさが保たれることでしっかりとトリートメントの有効成分が髪の毛に浸透してダメージを補修できます。

抜け毛と薄毛が気になるとき

女性も悩む抜け毛、薄毛

CRI_IMG_6106500_TP_V抜け毛や薄毛というと、男性特有の悩みだと考える人がいますよね。でも、実は抜け毛や薄毛というのは女性の悩みとしても大きいもの。インターネットで「女性の悩み」を検索してみると、本当にたくさんの人が抜け毛や薄毛に悩まされていることが解ります。

「私は女だから、抜け毛なんてないわ」と思っているあなた、そんなことはないので注意してください。もしかすると、あなたも薄毛に悩まされる日が来るかもしれません。そうならないように、まずは薄毛の原因について知っておきましょう。

薄毛、抜け毛の原因

なぜ薄毛や抜け毛になるのかというと、この原因は人によって異なります。まず、男性の薄毛・抜け毛と女性の薄毛・抜け毛はまったく種類が異なるということを理解しましょう。

男性の場合、「男性型脱毛症」というものが薄毛と抜け毛の原因になっていて、髪の成長が何かしらの理由でストップしてしまうことが理由です。太くてしっかりとした髪が生えにくくなり、それが「髪が薄くなった」と感じる原因になっているということですね。

ちなみに、額や頭頂部から少しずつ薄くなっていくのが「男性型脱毛症」の特徴。「ああ、なんとなくわかる」というひともいるはずです。対して、女性の場合は髪の毛の量自体は減ることがありません。

でも、少しずつ髪が細くなっていってしまいますので、どうしても髪が薄く見えるんです。年齢を重ねると、女性でも「髪のボリュームが減った」と感じることがあるでしょう。それは、このことが原因になっています。そこで、どうしたらいいのか。

シャンプーで対策

色々な方法がありますが、まず挙げられるのが頭皮の状態を整えてあげることです。シャンプーをし過ぎると、本来であれば頭皮に必要な皮脂までとってしまうことがありますので、まずはそのようなことがないように気を付けてあげなければなりません。

しっかり洗いすぎるシャンプーだと、その様なことが多いので「必要な皮脂を残して洗うことができるシャンプー」を使いたいですね。また、頭皮をきれいにする方法などもありますので、美容院などで相談をしてみるといい結果を得られるでしょう。美容院は髪の毛のプロがたくさんいますので、きちんと話を聞けばいいアドバイスをもらえます。

特にカラーリングをしている人の場合、頭皮のダメージが深刻になってしまうことがあるので気を付けましょう。髪だけを見るのではなく、頭皮の状態に気を配ることも大事というわけですね。

くせ毛に対するヘアケア

くせ毛は痛みやすい

くせ毛だからこそのヘアケアがあるんですよ。
同じ髪の毛でも、ストレートヘアとくせ毛ではヘアケアの仕方が大きく異なります。

特にくせ毛の人は髪質的に傷みやすいので、きちんとしたヘアケアの方法を学んでおきたいですよね。
そんな「くせ毛にいいヘアケア」についてご紹介したいと思います。

みなさんは「ホットパック」をご存知ですか?
ホットパックとは、温かいお湯でタオルを濡らしたもの。それで髪全体を包むことで、パックの役割を果たすものです。
お金もかからないし、誰でも簡単にできるパックなのでオススメです。

方法は、髪をトリートメントした後にこのタオルで包み、時間をかけてあげること。
これだけで潤いのある髪を作ることができますので、すごくおすすめです。

「きれいな髪を作りたい」と考えている人は、ぜひ実践してみて下さい。
ちなみに、お湯ではなく濡れたタオルをレンジでチンするだけでもいいんですよ。

「乾かし方」にコツが必要

クイックドライタオルが便利です。
くせ毛の場合、ストレートヘアより「乾かし方」にコツが必要です。

覚えがあると思いますが、髪はいったん濡れるとくせが強くなってしまいますよね。
パーマをかけた髪も、濡らすと一層そのパーマが強く出ます。このままにしてしまうと、癖が強く出たまま乾いてしまうことになりますよね。

だから、クイックドライタオルを使います。
クイックドライタオルを使うことで、普通のタオルよりも素早く髪を乾かすことができますので、「早くに髪を乾かしたい」というひとにオススメ。

クイックドライタオルは色々な種類があり、もちろん髪をふくためのものも販売されています。
いろいろなクイックドライタオルがありますので、自分にぴったりのものを選んでみてくださいね。
近くのお店で見つからない場合は、インターネットのオンラインショップでも買うことができますので、クイックドライタオルで検索をしてみて下さい。

後はドライヤーにも一工夫をすることで、くせ毛を解消することが可能になると思います。
皆さんは、マイナスイオンについてご存知ですか?

このマイナスイオンが出るドライヤーを使用することで、髪のくせが緩和できると言われています。
マイナスイオンで癖が軽減できたら嬉しいですよね。
最近注目されているマイナスイオンを、ぜひドライヤーでも体験してみてください!
                                                      
マイナスイオンのドライヤーは、インターネットのオンラインショップにも販売されています。
お気に入りのドライヤーを購入してみて下さいね。

人気カテゴリー

当サイトについて

当サイトでは、美容業界の実態、美容業界に関するニュースを公開しています。詳細はこちら

当サイトはリンクフリーです。
バナーを使用する方はこちらをお使い下さい。