常に気を抜かないスキンケアを

紫外線が多い季節は常にUV対策を行っているという方も多いですが、一年中同じ対策をしているという方は少ないはずです。
多くの人が勘違いしているのは、紫外線は常に地球上に降り注いでいるので、私達の肌に何らかの影響を及ぼしているということです。
しっかり対策をしていることで将来の肌運命が変わると言っても過言ではないので、美容のプロとして仕事をするからには必ず覚えておきたいものです。
ここでは時期と肌運命について確認してみましょう。

紫外線が最も多い時期

紫外線は常に私達が暮らしている地球上に降り注いでいる状態ですが、季節によってその量は変化しています。
地域によって違いはありますが、日本の場合は最も多くなるのが6月から8月にかけての真夏です。

参考:http://www.data.jma.go.jp/gmd/env/uvhp/link_daily_uvindex_obs.html

この時期は一生懸命UV対策を行っているという方も多く、外出する際には日焼け止めクリームをしっかり塗っているという人もいますし、帽子やサングラスを使用している方もいます。
紫外線量が多い時期には最も肌への影響が強く現れやすいため、念入りに対策を行う必要があります。

注意しなければいけないのが、夏の終わりから秋にかけての時期です。
紫外線量が多い時期を過ぎると、つい気を抜いてしまってUV対策を怠ってしまう人も多いのですが、この時期も紫外線の影響を受けやすいため注意が必要なのです。

肌運命を変える環境

夏の終わりから秋にかけては季節の変わり目という時期になるので、肌の状態も大きく変化しやすくなります。
真夏の間はびっちりUV対策を行っていたため、UVカット機能が高いSPFやPAの値が高い日焼け止めクリームを使用していたという方も多いはずです。
これらの数値が高いほど紫外線を予防する機能は高まりますが、それだけ肌に与える負担も大きくなると言われています。
夏の終わりから秋にかけては真夏に受けた大きな負担が急に出てくるような時期に重なり、肌荒れを引き起こしやすくなるのです。

また、エアコンを使用しているため常に空気が乾燥している室内に長時間過ごすことや、外の空気も少しずつ乾燥してくる時期なので肌へのダメージを受けやすくなります。
しっかり保湿ケアを行わなければあっという間に乾燥肌や敏感肌へと変化する可能性があり、更に悪化すると肌老化を加速させる原因にもなりかねません。
実年齢を老け顔に見られるなんてとんでもない!と思う人は、しっかり対策を行うようにしてください。

このように真夏だけでなく、その後もUV対策は気を抜かずに続けることが大切です。
UV対策といっても基本はどの季節も同じで、UVカット機能がある日焼け止めクリームを使うことが大切ですが紫外線量に応じてSPFやPA値を調整することが必要になります。
また、洗顔をしてしっかり日焼け止めクリームを落とし、保湿ケアを徹底することが大切です。

Comments are closed.

人気カテゴリー

当サイトについて

当サイトでは、美容業界の実態、美容業界に関するニュースを公開しています。詳細はこちら

当サイトはリンクフリーです。
バナーを使用する方はこちらをお使い下さい。